今日も犬に負けた

そういえば明日は地球最後の日だから犬に負けないように生きな

コツは短期的にネガティブ、長期的にポジティブ



f:id:tanukorori:20171128015014j:plain

 

ポジティブ思考を強要する人は発展途上です

成功法則を少し勉強すると、それをそのまま信じ込んで、ポジティブ思考に固執し、それを他人に強要する人が出てきます。

この段階では、まだ、その人はポジティブ思考をマスターしたとは到底言えません。

一般に、こうした行動指針というものは、その人が経験・理解したことに比例して解釈が増えて行くものです。

いく通りもの解釈が生まれてきます。

当然、1とおりしか解釈できない時もあります。

しかし、時がたって色んな経験を積むにつれて、様々な解釈ができるようになるんです。

必ずしも、ポジティブ思考が必要でないケースもあるんです。

 

かといってポジティブ思考を強要するな!と言う人も発展途上です

こういった行動指針、格言などは二面性をもっており、これを理解しないと、本当の意味が解釈できないケースがあります。

物事の二面性を理解すると、さらにまた上の次元の二元性が現れてくる。

そして、さらにまた上の概念が出てくる。

と、このように物事の探求は永遠に終わらないのです。

ここに気が付かないと、いけません。

「ポジティブ、ポジティブ言ってる人はダメ」と言ってる人もまた、発展途上のレベルなんです。

 

しかし、基本的に「ポジティブ」でいた方が幸せになれます

だんだん成功法則などを理解してくると

「ネガティブ、ポジティブ、そんなのどうだっていいじゃないですか!」

なんて言い出す人もいますが、ある意味、気持ちはわかるのですが、世の中、どう考えても物事をポジティブに考えた方がうまくいくし、幸せになりますから、「どうでもいいこと」ではありません。

ある程度法則を理解すると、確かに些細なことがどうでもよくなりますが、そこからさらに進みたいなら、「どうでもよくない」ってことを理しなければなりません。

他人がどう生きようが、それを強制する事はありませんが、ネガティブな人に「ポジティブに生きなよ」と言ってあげるのは親切心からだと思うので、わざわざ、「やめろよ」なんて言うのも野暮ってものです。

ただ、往々にしてネガティブな人は「ポジティブに生きろよ。」って言葉を悪意に取ってしまうだけなのです。

 

ポジティブシンキング初心者が陥る落とし穴

幸せな気分になりたいなら、明らかに、ポジティブ思考を意識して生きた方が良いです。

これは、間違いないです。

結局のところ、上に書いたように、あーしないとダメ、こーしないとダメと言っているうちは、まだまだ「ポジティシンキング派の初心者」なのです。

ポジティブ思考一辺倒に陥った人が、ネガティブ思考を恐れて逆にポジティブでなくなってしまっている現象は、ポジティブ思考を始めたばかりの人が陥る落とし穴なんです。

パワースポット理論なんかもそうですね。

にわかスピリチュアルファンみたいな人が、何回「礼」をして、何回「拍手」をしてとか、神社は「右側通行」で、とか、ここをこーしないと「ご利益」が得られないとか言って、なかば脅迫観念にも似た思考に陥ってしまってますが、それじゃあ何のためのパワースポット巡りなのかよくわかりません。笑

 

ネガティブが必要なケース

でも、ネガティブ思考ってのも、時と場合によっては「必要」なんですよね。

例えば、ポジティブ思考がうまくできるようになっても、ネガティブに物事を考えた方が良い場合もあることに気がつくのです。

例えば、ビジネスでは長期的にはポジティブに、短期的にはネガティブに物事を考えた方がうまく行くという考え方があります。

お金持ちはそういう思考回路だっていう話もありますよね。

これはどういうことかというと、ある程度、ポジティブに物事をとらえられるようになると、ネガティブ思考自体もポジティブに考えられるようになるってことなんですね。

ちょっと、ややこしいですけどね。

こういう思考が自然にできる人なら良いですが、そうでない人はポジティブ思考を意識して生きた方が良いに決まってますからね。

結構、奥が深いのです。

今週のお題「今年買ってよかったもの」