今日も犬に負けた

そういえば明日は地球最後の日だから犬に負けないように生きな

タヌコとコロリを小池新党の候補者にしてほしいです



f:id:tanukorori:20170926030512j:plain

 

ついに衆議院が解散ですね。

振り返れば、安倍政権は、やりたい放題の政権でした。

でも、他に政権を任せられる政党がいたでしょうか。

そうなんです、消去法で選ばれた政権なんです。

そしてそれは、今回もまた状況変わらず。。。

 

犬がなぜ立候補できないのか

最近思うんですけど、犬はなぜ衆議院議員に立候補できないんでしょうね。

嘘はつかないし、素直で良い子です。

トランプ、プーチン金正恩習近平とも対等にやりあうでしょう。

なにより、彼らには、その度胸があります。

誰が来ても物おじしないんですよ。

 

タヌコの政治的駆け引きの強さは異常

安部首相、ちょっとトランプにゴマすりすぎでしょうって思います。

タヌコだったら、まず足をかじるでしょう。

 

そうです、タヌコはトランプの足をかじるのです。

プーチンだったらどうするか。

やっぱり、足をかじるでしょう。

 

コロリの政治的判断力の高さは異常

コロリならどうするか。

きっと、金正恩のミサイルなんか眼中にないでしょう。

 

みてください、このシラーっとした我関せずを極めた表情。

f:id:tanukorori:20170926031254j:plain

 

犬の党

結局、もうこの世の中は犬が治めるときがきたんです。

ドラえもんでも度々出てきますよね?

犬が高度な文明を築く話。

時代は犬です。

小池新党も希望の党なんて寒いネーミングじゃなく、犬の党にすればよかったんです。

 

さ、選挙なんて冗談ですよ。

タヌコはそろそろウルスラ学園への入学準備をしなければなりません。

ああ、忙しい忙しい。

f:id:tanukorori:20170824030911j:plain