今日も犬に負けた

そういえば明日は地球最後の日だから犬に負けないように生きな

【健康法】体から出るものに気を配ろう!



f:id:tanukorori:20170927215625j:plain

 

最近大ブームのウンコ

体から出るものの主たるものはウンコです。

最近大ブームですよね。

世も末です。

これの反対側にあたるものは食べ物や飲み物です。
 
人間は要らないものは体の外に出す働きがありますので、食べすぎても飲みすぎても過剰な分は体の外に排出されるはずです。

それでも排出されないということは、人間の処理能力を超えた飲食をしてしまったということです。

結果として便秘や肥満になってしまうのですが。
 
排出されるべきものが常に腸の中に存在する状態が、体にとって良いわけありません。

便秘が軽いものから重いものまでいろんな病気を引き起こすことはよく知られています。

 

胃腸を休ませよう

ところが便秘に限らず「朝」「昼」「おやつ」「夕」「夜」「深夜」などと常になにかしら食べている人も、ある意味便秘と同じく常に腸の中に不要なものが溜まっていることになります。
 
そして溜まっている間、腸は活動を続けていることになりますので、休む暇なく酷使させているともいえます。

いろんな例を見ると体のどんな器官も酷使すると癌になる可能性がアップすることが知られています。
 
たまに食べた後わざとトイレで吐く人や、下剤または浣腸を利用して排出させるダイエットの専門家がいますが、そもそも吐いたり下痢をさせるのは自然ではありません。

ていうか、治療のためなら仕方ないのですが、どうも腑に落ちない処方です。
 
結論ですが、排出する行為は人為的に制御できるものではないので、やはり食べ物を制御することにつきます。

とはいえ、ウンコで唯一気をつけることは我慢しないということでしょうかね。笑


尿や汗やカスなど

体の中の不要なものは老廃物という形で体から排出されます。

たとえば汗と一緒に流れ出たりします。

汗は尿と成分が似ているのは、つまりそういうことですね。
 
個人的な見解なのですが汗と尿は排出されるものは同じでも出る場所が違いすぎます。

そういう意味でもたまには汗をかくことは必要じゃないかなと思うのです。

局所的に排出するよりも、体全体から排出したほうが、なんとなく感覚的に健康的な気がします。笑

いやでも、皮膚とか汗腺の不要なものも一緒に排出するってこともあり得ますよね。
 
そういう意味でも毎日寝る前に風呂に入って汗をかくことは必要だなって思いました。

もちろんスポーツのほうが筋力もつくし、よりベターなんでしょうけど。

まあ、とにく毎日汗をかく、これが重要です。


人間の神秘「精」

これらは男性の場合は性行為のときに排出されるもので、体の中の不要なものではありません。

むしろ、新しい命のもとになるものですので、体に必要なものを出しているといっても過言ではないと思います。

であれば、むやみに排出することはエネルギーの浪費です。

女性の場合、自分が好むと好まざると毎月排出されるので仕方がないことですが。

男性でないとわからないと思いますが、一般的に射精をした瞬間から大きな虚脱感と疲労に襲われるのは、大きなエネルギーを放出したからではないかと思います。

射精すると睡眠時間が長くなったり寝起きが悪くなったりするのは、そのためだと思います。

ガッツ石松がTVで言ってました。

試合前日にやったら、試合の時に足がガクガクになった、と。苦笑

ということは精子を作るという作業も非常にエネルギーを要するということですよね。
 
自分は男性ですので、女性の場合は、行為自体がどれだけのエネルギーを消費するのかわかりませんが、もしも疲労感があるとしたら何らかのエネルギーを消費しているのかなと思います。

 

男性ホルモンと女性ホルモン

ところで、もうひとつ重要なポイントとなるのは男性ホルモンです。

男性ホルモンは男性だけにあるものではなく女性にもあります。

同じことが女性ホルモンは男性にもあります。
 
さて男性ホルモンの分泌は筋肉の増強だけでなく、皮脂の分泌や性衝動の向上、頭髪の脱毛などに影響するらしいので、過剰な分泌はどちらかというと良くありません。

男性ホルモンは射精をするたびに分泌されますので、男性の場合はむやみやたらに射精をすることは控えたほうが良いと思います。

ちなみに精子を貯蔵する器官は約3日で満タンになるそうです。
 
ところで、なぜ射精のたびに分泌されるかというと、男性ホルモンはそもそも精子を作るように指示を出す役割があります。

つまり精子がなくなればそれを作るために男性ホルモンが分泌されさらに精子を作るように指示を出すわけです。

射精ばかりしていると補充の指示を出すために男性ホルモンがどんどん分泌されるので、ある意味どんどんオヤジ化していくわけです。笑


やりすぎは禁物!

女性の場合は男性的な考えや性衝動の強い人は男性ホルモンが多いようです。

結果として女性ホルモンが抑制され、美しさを損なうこともあるのかもしれません。

女性ホルモンは髪や肌を美しく保つ働きがありますからね。
 
ところで恋をすると女性は綺麗になるとよく耳にします。

これは恋をすることで、そのドキドキワクワクが女性ホルモンの分泌を活発にさせて美しくなるということらしいです。

ちなみに単なる性衝動は男性ホルモンの範疇ですので、性行為自体が女性を綺麗にさせるというのはウソのようです。
 
どちらにしろむやみな性行為による内分泌液の排出はエネルギーの消費・老化の促進に結びつくのは間違いなさそうです。