今日も犬に負けた

そういえば明日は地球最後の日だから犬に負けないように生きな

張本氏、大谷もイチローも滅多切り…うーん老害…

f:id:tanukorori:20180416111334j:plain

今年からメジャーリーグに渡った、大谷選手の活躍が止まりません。

オープン戦では、どうなることかと思ったものです。

「あーこれは眉毛のせいだな」って思ったものです。笑

大谷選手なぜメジャー行くのに眉毛剃ったの!笑 - 今日も犬に負けた

元いた日ハムで、同じく鳴り物入りで入団した清宮選手がイマイチの状態で、それとダブって見えてしまった人も少なくないのではないでしょうか。

正直、大谷も清宮も、もう少し時間が必要だなあーって思ってました。

 

張本氏の上から目線がホント「嫌」です

ぼくは年上の人は誰であろうと敬わなければならないと思っています。

逆に、年上の人間としては、若い人に偉そうに振舞うことなかれ、と思っています。

ぼくも周りからはベテランと呼ばれる年齢になってきましたしねー。苦笑

 

それにしても、大谷の活躍も張本氏にとっては気に入らないんでしょうか。

大谷がオープン戦から打って変わって開幕から大活躍し、3試合連発のホームランを打った時のコメント。

「まぐれなのか、米国のピッチャーのレベルが落ちたのか。両方だと思うけど、3試合連続は珍しい」

だってさ。。。

これ、なんて偉そうなジジイだと思いましたね。

 

イチローが活躍した時も同じく老害爆発

この大谷のコメントで思い出したのが、イチローがメジャーで活躍した時のコメントです。

ちょうど、3000本安打を打った時です。

張本氏は、これは日本だけの記録で、参考記録であり、日本の記録保持者は自分であるとTVでぬけぬけとコメント。。。

こんな格好悪いコメントってありますかね。苦笑

 

過去の栄光にしがみつくだけのコメントで、これまた老害爆発。

こういう歳の取り方はしたくないですよ、ほんと。

昔は昔、今は今です。

それに、昔の方がレベルは低いんですから。

 

日本もメジャーも、昔なんて圧倒的なレベルの低さです

この、今と昔を比べて、「昔の方がレベルが高い」という張本氏。

「レベルの高いフィールドで結果を残した自分のほうがすごい」と間接的に言いたいことの裏返しです。

誰がそんなこと信じるのでしょうか。。。

 

今の方がトレーニング自体のレベルが上がっているし、すべてが効率的です。

昔の根性論では伸びるものも伸びない選手もいるでしょうし。

それに今は真面目な選手が増えたと言います。

昔は酒や女遊びなど、すごかったという話もTVで話してた選手もいましたし。

そんな環境であれば、ちょっと真面目にやってた選手なら簡単に頭一つ抜け出せるんじゃないのって逆にそう思ってしまいます。

全体のレベルが低いからこそ、異常な好成績を残す選手がいたとも考えることができるのです。

 

野球に限らず全て昔よりもレベルが上がっています

全てのことがレベルが上がっています。

どの分野も、より専門性が高くなってきていると言ってもいいかもしれません。

専門性が上がれば方法論が確立されてきます。

なので、幼いころから英才教育で育った選手が増えてきました。

それなりの効率の良い練習方法が世の中に知れ渡ってきたということです。

 

ウエイトトレーニングだってそうです。

昔のウエイトトレーニングのように無駄に筋肉付けるだけじゃないんです。

広島カープの若い選手が一時期、ホームランをバカスカ打ってた時期がりました。

江藤とか在籍していたころです。

その時は広島の球場が狭いからだとか色々言ってましたが、ウエイトトレーニングが功を奏したというのが本当のところらしいです。

 

張本氏・・・ウエイトトレーニングは害しかない?

プロ野球界ではウエイトトレーニングはマイナスにしかならないという通説が長く蔓延っていたようで、今でもそういう風潮があるみたいですが。。

でも、琴奨菊も相撲の練習ではなくウエイトトレーニングで強くなったという話も聞きます。

要するに、「やり方」なんですよね。

 

これまた張本氏が、ウエイトトレーニングなんかやるからダメなんだってTVでちょくちょく言ってますけど、この言葉に「ベストオブ老害」アワードです。

ダルビッシュも張本氏に「ウェイトトレーニングをやったことが無いんでしょうね」という言葉を送っているくらいです。

こういう老害によって若い芽がつぶされると思ったら、ホント、やりきれません。