今日も犬に負けた

そういえば明日は地球最後の日だから犬に負けないように生きな

週刊文春を叩いているのは「パヨク」の人々ですよね!?

f:id:tanukorori:20180401012252j:plain

桜がそろそろ散り始めました。

コロスケさんは、桜に満足なようですが、世の中は右と左の騙し合いの様相。

なにかを発言する人の裏には、何らかの思惑があると考えないといけません。

 

週刊文春は「やりすぎ」なのか?

週刊文春の名前が、ここ最近とてもメディアに出てきますよね。

あのベッキーさんの不倫騒動の時からずっとです。

芸能人の不倫騒動から、クスリまで。

時には政治家も餌食になっております。

でも、これってやりすぎだと思いますか?

 

小室哲哉氏の不倫疑惑報道の時くらいに、「やりすぎ」だと言われ始めましたね。

僕もブログに書きましたけどね。

dog.tanukoro.com

でも、これってやりすぎなんでしょうかね?

僕はそう思いません。

 

政治家と人気商売の人たちに「やりすぎ」ってことはない

だって、小室さん、作曲家と言っても芸能人だし。

芸能人にもプライバシーはあるっていう人いるけど、そりゃ確かにそうですが、週刊誌やテレビって彼らにとっての宣伝PRの舞台です。

こういう時だけ報道しないでって言うのも、ちょっと都合がいいのではないかと。。。

 

だから小室さんも引退しますって言ったんだと思います。

もう自分には触れないでほしいと思ったんじゃないでしょうか。

一般人なら週刊誌も報道しないですしね。

それが芸能界のルールだって、小室さんも知っていたからこそ、敢えて引退したんだと思いますよ。

 

今の日本は「不倫OK」の寛容社会でしたっけ?

ていうか、そもそも、ベッキーさんとか不倫ですからねえ。

人の嫌がること、迷惑になることをしているのですからねえ。

法律違反じゃないけど、自分が相手に不倫されたら不愉快ですよね?

お互い、不倫OKなカップルなら別に自由ですけどね。

 

でも、今の日本て、そんな誰もが「不倫OK」な寛容な社会でしたっけ?

そんなこと言ってる人、周りにいませんけど。。。苦笑

「不倫はダメだよ」のどこが不寛容社会なのでしょう?

ちょっとパヨクの皆さんたちの言うことは理解不能です。

 

「人の嫌がることをするな」って子供の時に親に教わりませんでしたかね?

こうやって不倫や不道徳であることを叩くのが最近増えてきましたが、これは当然のことです。

やっと、みんなが我慢せずに自由に言いたいことを言えるようになったきたのです。

でも、パヨクの主張は全く逆です。

不寛容社会が人の自由を縛ると言っています。

 

いやいや、そんなバカな。苦笑

 

叩かれる人は他人が嫌がることをやっているから叩かれるんです。

確かに法律違反じゃないけど、相手は迷惑してるんです。

人の迷惑になることをしているから、叩かれるんですよ。

その迷惑行為を叩くのは不寛容って、おいおい。。苦笑

 

「相手が嫌がることは、やっちゃだめだよ」って子供の頃に教わりますよね。

文春のネタ、いい教材だと思いますけど。苦笑

 

パヨクはとにかく「人権」「人権」・・・

人権を主張するのはいいんですが。

義務を果たさない人が権利を主張するのはおかしな話です。

同様に、人の嫌がることをする人を放置しておいて、住みやすい社会を作るんだってのも矛盾した話です。

みんながやりたい放題で、法律さえ守れば人を傷つけてもOK、みたいな社会は、ぼくイヤでですねえ。。。

人権は守るべきですが、人権の範囲内なら、人の嫌がることをしても良い、というのは、非常におかしな理論だと思うんですけどねえ。

 

または、こうして、「不寛容社会」という言葉を使って、さも、現政権によって、よくない世の中の風潮ができつつあると言いたいのでしょうかね。

「誤った道徳心を、政治がマスコミを使って植え付けようとして、言論や自由が統制された社会に持っていこうとしているんだ」と、多分、そういいたいんでしょうかね。

 

いやあ、ぼくは「人の迷惑になること」が「人権の範囲」とか言って正当化されるのは、ちょっと勘弁してほしいです。。。