今日も犬に負けた

そういえば明日は地球最後の日だから犬に負けないように生きな

【勉強法】人は生まれつき平等ではない



f:id:tanukorori:20170927200654j:plain

 まったく勉強しなかった小学校時代

小学校時代は勉強なんてまったくしませんでした。

図鑑とか学研のマンガで読む歴史や科学の本が好きで、けっこうよく読んでました。

それと「学研の科学」を毎月配達してもらっていたのと、問題集みたいなのも一緒に配達してもらってました。

でも、ほとんど白紙でやりませんでした。

このころは家で勉強をしなくてもテストでいい成績は取れました。

授業をしっかり聞いていたので、その場で覚えてしまっていたのです。

なので、ふだんのテストはいつも90点以上でした。

また、校外模試でも200人中10番以内には必ず入ってました。

なぜ、勉強しなくてもテストができてのか、よくわかりません。。。

 

草野球ばかりの中学時代

中学時代もほとんど勉強をしませんでした。

近所のガキや友達と草野球ばかりしてました。

(ただし受験前は、周りのみんながやってるので自分も少し勉強しましたけどね。)

中学も基本的には授業で覚えるスタンスです。

中間・期末はたいてい500人中50番前後でした。

でも実力テストとなると、たいてい10番以内にはいってました。

この頃から勉強って頑張ってもできない人と、何もしなくてもできる人と2タイプいるんだって思いました。

自分を振り返ってみて、そうとしか思えないのです。


でも、実際には勉強の仕方を知らないだけじゃないかなって思いますが。

 


落ちこぼれた高校時代(でも勉強せず…)

高校は市内の公立高校に入りました。

いちおう市内でトップの高校です。

とはいえ、県全体から見たら中の上のレベルです。

東京大学に毎年一人行けるかどうかってレベルですね。

とは言っても自分と同じくらいのレベルの人が集まってくるので、試験の順位は驚くほど落ちました。

ひどい時は500人中300番くらいにまで落ちました。

(でも何もしなくても、真ん中くらいはキープできるんできたんですよ。苦笑)

今まで勉強なんてしたことない人だったので、相変わらず高校に入っても勉強しなかったのです。

そして勉強してみて、さらに!勉強ってつまらないなあって思ってたんです。

こんな調子ですが、あいかわらず中間・期末よりも実力テストのほうが成績がよく県内であれば、そこそこ上位の国立大学には入れるレベルでした。

旧帝大レベルは無理なラインでしたけどね。

でも、オレってすごいなと。

だって、試験で点数が取れる理由がわからないのです。


最初の大学、そして浪人

とはいえ、第一志望の大学には落ちてしまったんです。

地方の国立大学です。

滑り止めで受けた、地方の県立大学には受かって、そこに入ったのですが半年で中退しました。

実は授業が難しいのと、内容も驚異的につまらなかったのです。

それから大学がド田舎だったこともあり、当時の世間知らずでアグレッシブな自分にとってはあり得ないくらい退屈な学生生活だったのです。

そのころちょうど政治経済に興味を持ち「文転」することに決めました。

浪人といっても実家は裕福ではないので予備校にはいけません。

なので独学で勉強しました。

 

結局重要なのは「勉強する」こと、つまり「やる気」

親には夏期講習くらい行けとか言われたのですが、現役の頃友達と通って正直「お金の無駄」と思ったので行きませんでした。

そもそも、通うのが面倒だったのではじめから独学のつもりでした。

とりあえず独学で、がんばってみましたが、やっぱ自分は勉強嫌いだということがわかりました。

最初の3ヶ月くらいは頑張ったのですが、途中からほとんど勉強しなくなり、バイトとかしたり家でテレビを見てました。

最初の3か月というのは、以前に書いたブログの英語です。

英語は集中してやったので偏差値70以上にUPしたんです。

さて、それでもセンター試験は目標の5教科8割は取ることができましたが、第一志望の大学には,またしても落ちてしまいました

結局また第2志望の大学に入りました。。。

やっぱり、大学受験までくると、「やる気」が重要なんですね。

勉強しないと受かりません。

 

やぱり勉強が嫌いな社会人時代

大学を卒業してIT業界に入りました。

ITは当時も今も時代の花形の職業ですが、競争も激しいです。

個人のスキルをアピールするために資格を取ろうということで「情報処理試験2種」と「情報処理試験1種」を取ることを目指しました。

今は名前が変わって、それぞれ「基本情報技術者」「ソフトウェア開発技術者」と呼ばれています。

社会人になってから勉強なんてしたことがありません。

ましてや今まで授業を聞いてその場で覚えるというスタイルだったのですが、そもそも会社に入ったら授業なんてありません。

というわけで、勉強をはじめましたが、やはり予備校はお金の無駄だと思ったので行きませんでした。

本屋で何冊か問題集を買って、勉強を始めました。

でもこの歳になって家で勉強なんかアホらしくてやってえられません。(おいおい・・・。)

というわけで通勤電車の中だけで勉強をしました。

とはいっても往復で合計すると2時間はあるので、トータルで見ればけっこうな時間です。

というわけで、両方とも一発で受かりました。

その他、同じ要領で通勤時間だけでORACLE MASTERもとりました。

受験勉強よりも資格試験のほうが簡単な印象があります。

ただしIT業界は職人の世界ですから、資格よりも実技のほうが重要ですけどね。