今日も犬に負けた

そういえば明日は地球最後の日だから犬に負けないように生きな

世の中に「優しい人ばかりの職場」は存在するのか?

 f:id:tanukorori:20180320130124j:plain

ぼくみたいな平和主義者は、人間関係はなるべく平穏に済ませたいと思うわけで。

まあ、僕だけじゃなく、犬だってケンカはしたくないわけですよ。

犬はむしろ、生きていくために必要だからケンカするんですけどね。

そのへん、人間も同じだって理解すると、ちょっと世の中のことが分かった気になってきます。

 

通勤ストレスか、職場の対人ストレスか

仕事って人の人生の大半を占めているわけでして。

正社員であれば、一日のうちの最低8時間、つまり3分の1は仕事。

いや、睡眠時間を差し引けば、一日の半分は仕事です。

 

仕事が原因で人生を途中であきらめちゃう人の多いこと。。。

(いや、学校も同じですけどね、それはまた別の機会に書きましょう。)

僕なんか、仕事の人間関係に慣れて来たなあって思ったら、今度は満員の通勤電車のストレスに嫌気がさして、会社辞めようって決意したこともありますよ。笑

 

都内の電車とか、ホント「アホか」と思います。

昼の1時とかでも、満員で座れないとか、意味わかんないです。笑

これが朝や夕方は押しつぶされそうなくらいの満員電車です。

でも、どっちがキツイかと言ったら、やっぱ対人ストレスの方がキツイかな。。。

 

仕事を辞めるパターンの多くは人間関係

仕事を辞める人の理由はそれぞれあると思いますが。

やっぱり一番多いのは職場の人間関係だそうです。

どこの職場でも「嫌なやつ」っていますからね。。。 

 

でも、そういう人って、みんなからも嫌われていますからね。

なので、自分だけじゃないと思うと、いくらか気分も落ち着くのですが。

 

とはいえ、そういう嫌な奴に限って図々しいから仕事を辞めないのです。

そのうちストレスが蓄積していって、悪人よりも善人の方が先に会社を辞めちゃったりするんですよね。。。

これ、世の中の「あるあるパターン」です。

 

生存本能だから仕方ないとはいえ・・・

この、相手に嫌なことをする奴って、どんな心境なのでしょう。

多くは、自分が出世したい、上司から認められたい、そういうパターンじゃないでしょうか。

自分が上に行くため、相手を蹴落とす。

そういう考えをあからさまに持っていると思うんですよね。

でも、これって生存本能の一面なんですよ。

 

犬だってそうです。

食料にありつくためには、飼い主に好かれないといけません。

犬が2匹いたら、よくわかりますよ。

相手の犬をなんとか自分の下位に置こうとするんです。

 

なので、「相手を蹴落として上に行きたい」ってのは、動物の生存本能に根付くものなので、なかなか、根が深く、捨てきれられないものなんですね。

そう思えば、「あぁ、あの人は、人間ほどの高度な思いやりとか融和の感情が備わってなく、動物同様に生存本能だけで生きているんだなあ」と思えば、また少し嫌な気分も和らぐと思います。

 

優しい人ばかりの職場は存在するのか?

ネットでたまに目にするのは、こういう「問いかけ」です。

 

優しい人ばかりの職場ってあるんだろうか?

良い人ばかりの仕事・職種ってあるんだろうか?

 

これ、自分も同じく、たびたび考えます。笑

ぼくはもう独立してますので、僕一人の職場ですし今は大丈夫なんですけどね。

でも、サラリーマン時代は、本当にこんな疑問をよく考えましたねー。

 

でもこれって、ホント「人」次第でして。。。

営業の部署にいる人がギスギスした人ばかりかと言ったらそんなことありませんし。

ITのエンジニアが地味で暗くて陰湿で陰口ばかり言っているとも限りません。

大工さんや土建業だからと言って、ヤンキーみたいな人ばかりとも限りません。

ほんと、その時その時の、その場にいる人次第なんですよね。。。

 

自分と似たタイプの人が多い職場を選ぶ

そこで僕が考えたのが、「良い人」ばかりの職場を狙うのは難しいということ。

なので、自分と似たような人が多そうな職場を狙おうと思ったのです。

 

僕の場合は、昔からモノ作りや細かいことが好きだったのと、人とのコミュニケーションが好きでなかったこと。

そういう自分の特徴を考えると、いつもデスクに向かって仕事している感じの仕事が向いているなあと。

しかも、子供の頃にプログラムを少々かじっていたこともあり、今のITのエンジニアの職業を選んだのです。

 

案の定、仕事はデスクでPC触ってるだけ。

客先に行くときは、ちょっと嫌でしたが、慣れれば大丈夫そう。

無駄な会話とかしなくても、相手もエンジニアは無口だとわかってるので、お客さんの方がベラベラとしゃべってくれます。笑

仕事に慣れれば、自分からベラベラしゃべることもできるようになりましたしね。

 

あとは自分が変わること

それでも、厳しいって言う人は、とにかく転職を繰り返してみるのも方法です。

今どき、一つの会社にずっといるなんて人はレアですから転職回数とか気にする人事担当者もあまりいないと思います。

中小零細とか転職市場が命ですからね。苦笑

大企業も人手不足ですから、転職市場はにぎわってます。

 

それでもダメなら、自分がちょっと変わってみることでしょうか。

無理に自分の性格を変えなくてもいいです。

例えば、相手の言葉に安易に傷つかずに、スルーするチカラを養うとか。

相手が見せる、ちょっとした嫌そうな表情も、スルーするとか。

仕事を丁寧にキッチリやっているか自問自答するとか。

 

とにかく、「ちゃんと仕事していれば、だれにも文句を言われることは無い」、「自分を悪くいう者はいないはず」と、自信を持つことですね。

上手くできなくても、努力してしっかりやろうというスタンスを見せるとか。

 

よくよく考えてみてください、自分が何も変わらず環境や相手の良心だけを求めるというのも、ちょっと自分本位過ぎですよね。

なので、自分も改善していくという気持ちも、ちょこっと持つのも必要だと思うのです。