今日も犬に負けた

そういえば明日は地球最後の日だから犬に負けないように生きな

麻薬の危険性に気が付く人は少数だが変われる人は強い!



f:id:tanukorori:20171115144915j:plain

麻薬は暴力団の資金源

麻薬をやったことある人は少ないと思う。

合法ドラッグも経験者は少数派だと思う。

かく言う自分もそんなもの使ったことない。

大学の頃、家庭教師先のガキがハルシオンを持ってたのを見かけたくらい。

医者で処方できるものだけど、なぜか悪ガキの間で出回っていた。

 

ところで、彼らは麻薬を購入するということは暴力団の資金源になっているのだということを知らないんですよね。

はるか昔、20年ほど前、携帯電話がない時代、イラン人が公園で偽造テレカを売りさばいていて、友達の間でも就職活動で電話するときに役に立つとかなんとかで流行ったことがありました。

50枚入り50000円分で数千円だったかと。

大人の一歩手前の大学生でさえ、こういうのって実は闇の世界の人たちが潤ってるんだよって、やっぱり知らない人が多かった。

闇の世界の人たちは僕らよりカシコイってことです。

 

中毒って何か? 人心掌握の手段です。

これがないとダメ。

と、思わせるもの。

それは麻薬だけに限ったものではありません。

酒、タバコもそう。

自分はどちらも大嫌い。

あいにく酒は自分も少しは口にしないと社会人失格というレッテルを貼られてしまうので仕方なく飲んでいるけど、タバコはもう論外。

タバコと麻薬とどこが違うんだと思う。

タバコを吸いながら歩いてるやつを見るとホント後ろから蹴飛ばしたくなる。

あと性風俗店なんかも特に嫌い。

あれも好きなやつはアホかと言うくらい通いまくっている。

あーゆーのに誘うヤツも勘弁してほしい。

 

以前、会社の人達に誘われたことがある。

少しキレ気味に断ると「硬い」だの「珍しい」だの。

んなアホな!

そんなとこ死んでも行くか!

人間の本質をだめにしてしまうもの、またはその可能性を秘めたもの。

大昔からそれらを扱い利益を得る人たちは、その怖さを十分に知っていて、人に勧める。

中毒とは依存ということ。

人心掌握の簡単な手段の一つとしての依存。

大昔から闇の世界の人たちは、やっぱりカシコイんだよねえ。

 

麻薬とは人生の中にある様々な悪い習慣

人間はなにかしらに依存している。

それが麻薬だと気が付かずに。

なんでかしらないけど気持ちが良い。

でも直感的に危険性を感じる。

わかっているんだけれど、でも苦しいと思いたくない。

でも、それを思い、考えることが楽しくもあり、心を躍らせる。

そして、それを手にするが究極的な満足が得られない。

それに気がつかない。

満足が得られていると錯覚する。

だからいつまでも気が付かない。

恐ろしく長く。

 

気が付いて行動に移せる人は数%、変われる人は強い

そして、ふとした瞬間に気が付く。

ほんのふとした一瞬。

これって麻薬だったんじゃないの。

振り返ってみると、いつも麻薬を繰り返し服用していた。

このままじゃ駄目になる。

それを捨てるとどうなるのだろう。

怖い、でも捨ててみよう。

 

思い切って捨ててしまえばいいんだと思う。

全部捨ててしまえば良いと思う。

言葉のまま、本当にすべて捨ててしまった時に、え?こんなに軽かったの?

こんなに軽くてシンプルで、居心地の良いものを今まで忘れてたんだ。

3歳くらいからかな。

みんな忘れていってしまうんだよね。きっと。

何もないことの幸せ。
すべて出して、捨てて、何もなくなって、そのとき再び、より多くのものが入ってくる